WEB予約
オンライン診療予約
お問い合わせ
MENU

PRP療法・APS療法

PRP・APS

PRP・APS多血小板血漿(PRP)・自己蛋白質溶液(APS)溶液による治療について

PRP、APSとは?

血液検査

指や手を切ってしまったとき、傷が塞がりカサブタが出来て、やがて元通りに治ったご経験があると思います。この過程で中心的な役割を果たしているのが、血液の中に含まれる"血小板"です。血小板の止血に関する働きは一般的に広く知られていますがそれ以外にも大事な働きがあります。組織が損傷すると、損傷部位に集まってきた血小板から傷んだ組織の修復を促進する物質(成長因子)や、治癒に必要な血流を維持するために新生血管を形成するために必要な物質が供給されます。このように血小板は傷んだ組織が元に戻るのに非常に重要な役割を担っています。

PRP・A P S療法は、この"自分で自分を治す力(自己治癒力)"をサポートする治療法として、ヨーロッパやアメリカでは頻繁に行われている治療法です。自分の血液を採取し、特殊な技術を用いて血液中の血小板が多く含まれる部分のみを抽出し、PRP(多血小板血漿)を作成します。そしてこのP R Pにさらに操作を加え組織の治癒に必要なタンパク質を効率よく抽出したのがA P S(自己タンパク質溶液)と言います。これらの溶液中には、成長因子が豊富に含まれますので、これを自分の身体の傷んだ部分に注射することにより、その部分の組織の修復が促進され、"早期治癒"や"疼痛の軽減"効果をもたらします。

膝の痛みに対する治療

例えば、"ひざの変形"で悩んでいる方は、PRP / APS療法の適応です。変形性膝関節症では、変形の進行に伴い、軟骨がすり減ったり、半月板が傷んだり、炎症が起きてひざに水がたまったりします。PRP / APSは、こうした組織の修復を促したり、関節の炎症を抑制したりする効果が期待できます。しかし、残念ながら膝関節の変形の結果、できてしまった関節周囲の骨棘と呼ばれる余計な骨が無くなったり、O脚変形が矯正されるような効果はありません。変形性膝関節症でもできる限り早期に投与したほうが効果も高いことがこれまでの研究で報告されています。

これまでは、変形性関節症の方に対する薬物療法としては、痛み止めの内服やヒアルロン酸の注射などを行ってきましたが、こうした既存の治療が無効であった場合は人工関節などの手術が選択されてきました。このような方にPRP / APSを関節に注射することにより痛みがかなり軽減する方がいることが分かりました。
また、PRPは自分の血液ですので、薬物のように副作用を起こすことは滅多にないというのも、この治療が欧米でも広く支持されている理由の一つです。

スポーツ外傷・障害

膝の怪我

次に多くのPRP療法を行っているのは、スポーツ外傷・障害に対してです。スポーツをする方は、"少しでも早い復帰"を望みます。そうした要望に応えるため、当院では靭帯損傷、肉離れ、腱炎などに対してPRP療法を行っています。また、これまでいろいろな治療を試してきたがなかなか良くならない"難治性"の外傷、障害の治療としてPRP療法を希望しご来院する方も多くいます。このような方は、治るはずの組織が治りにくい環境になってしまっているため、その部位に血小板を注射することで、本来あった自己治癒機転をもう一度活性化し、怪我を治す環境を整える目的で行います。これまでに、プロスポーツ選手から学生スポーツ、中高年のスポーツ愛好家まで、幅広くこの治療は行われ、良い結果が多数の施設から報告されています。

手術加療を勧められたが決心がつかず、最後の保存療法としてPRP療法を選択され、PRP療法が奏効して手術を回避できる方もおられます。先述のように、非常に副作用の少ない治療ですので、数ある保存加療のうちの一つの選択肢として、特に既存の治療法への反応が乏しい方への実施をお勧めしています。

多血小板血漿(PRP)治療の費用とスケジュール

PRP /APS療法は、日本ではまだ保険診療として認められていません。そのため、治療を受ける方は自由診療となります。

PRP療法 : 当院での一回のPRP注射にかかる費用は現在40,000円+税です。PRP療法はPRP療法・APS療法のひとつですが、先進医療や高額医療の補助の対象とはなりません。PRP療法実施日の痛み止めや湿布の処方、および検査もすべて自費となりますのでご注意ください。

当院では、通常3~4ヶ月の間隔で4回のPRP療法を1クールとして行っていますが、PRP療法を行うかどうかは当日の状態によって患者様とご相談の上で最終決定いたします。

APS療法:費用は片膝290,000円+税です。現在海外で大規模な臨床成績調査が行われていますが最初に一度投与してから2年間の間で2回目の投与を行った症例は出ていません。一度打つと長い期間抗炎症作用が継続します。基本的には1回の投与で十分です。

pagetop