WEB予約
オンライン診療予約
MENU

スポーツ医学/リハビリテーション

Rehabilitation

理学療法

当院では理学療法に力を入れています。
当院の理学療法は身体機能改善・ケガの再発予防を目的に運動療法を実施しております。症状のある部位だけではなく、全体をまず評価します。そして、症状の根本的な原因となっている部位に対し、治療を行います。
1人1人ケガの仕方や生活習慣が違うため、痛みの原因が人それぞれ違います。そこを評価し1人1人にあった治療を実施しております。また、身体の表面から見えない部位はエコーを用いて評価しております。
治療は運動療法を中心に行っており、医師との連携も密なため治療方針を共有し行っております。

内側型野球肘(UCL損傷)

投球時に肘の内側に痛みが生じます。野球肘は多くの野球選手に発症することが知られています。成長期(小学生~中学生)には上腕骨内側上顆と呼ばれる肘の内側の骨の障害が多く、成人期には肘内側側副靭帯と呼ばれる靭帯に損傷が生じます。内側型野球肘の原因としていわれているのが、過度な投球数や投球フォームの崩れ(肘下がり),肩甲骨を含む肩関節や股関節の柔軟性の低下などが挙げられます。また、投球時に痛みが生じるため、球速の低下やパフォーマンスの低下などを引き起こします。骨や靭帯に異常がある状態で野球を続けると、将来的に肘の変形を引き起こすなどの二次的な障害に繋がる可能性があります。そのため、痛みが生じた時点で、早期に治療を行うことが重要です。
当院では、痛みのある肘の治療に加え、肩甲骨や股関節などの柔軟性にも着目し治療を行っております。痛みが強い場合は長期間の投球禁止になることもあるため、痛いと感じた時はすぐに受診することをお勧めします。また、当院ではリハビリ以外に多血小板血漿(PRP)療法も実施しております。詳しくは、再生医療をご覧いただくか、直接当院までお問い合わせください。

外側型野球肘(離断性骨軟骨炎)

投球時に肘の外側に痛みがあるのが特徴です。外側型野球肘は、主に成長期(小学生~中学生)に上腕骨小頭と呼ばれる肘の外側の骨に障害が生じます。外側型野球肘は内側型と比べて、発症率は低いとされていますが、この疾患は発症すると治療に時間がかかるといわれており、悪化しているケースであれば最終的に手術に至る可能性もあります。また、外側型野球肘は進行してから、痛みが出ることがあるため注意が必要とされています。早期発見・早期治療が大切であるため、痛いと感じた時はすぐに受診することをお勧めします。
当院では、通常のレントゲン撮影に加え、エコーを用いた診療・リハビリを行っているため、早期に発見することができ、早期に適切な治療(リハビリ)を行うことができます。また、基本的な治療方針としては投球禁止となるため、その間は再発しないよう肩関節や股関節の柔軟性低下や投球フォームなどにも着目し治療を行っております。

外側上顆炎(テニス肘・ゴルフ肘)

外側上顆炎は、テニスやゴルフなどのスイングを繰り返し行うことで、肘の外側にストレスが加わります。その繰り返しのストレスによって、肘の外側に炎症が生じ、痛みが発生します。また、スポーツ以外でもデスクワークや力仕事などにより、肘の外側に痛みが生じることであります。外側上顆炎は長期的な慢性炎症が生じることが多く、痛みの改善まで時間を要するため、疼痛の強い時期には安静が必要な場合が多いです。当院では、リハビリに加えて物理療法(超音波)を用いた治療を行っております。また、必要と判断されれば注射を行うこともあります。
長期的に痛みが続いている場合は、多血小板血漿(PRP)療法も効果があると報告されております。詳細に関しましては、直接当院までお問い合わせください。

前十字靭帯損傷(ACL損傷)

バスケットボールなどのスポーツ競技でジャンプ後着地したとき、急激な方向転換をしたとき、あるいはスキーで軸足となった膝関節に前方に引き出される力が働いたときに受傷しやすいです。受傷時、激痛とともにブツッという断裂音(popping)を体感することが多く、数時間以内に膝周囲の腫れ、関節血症を認めます。受傷してから時間が経過した例ではジャンプや急な方向転換を要するスポーツ動作で膝くずれ(giving way)を生じます。放置すると関節の変形を助長してしまいます。
治療法としては、装具装着や筋力増強を中心とした保存療法と前十字靱帯再建術という手術療法があります。手術療法には手術侵襲の少ない鏡視下での再建術が主な手術法となっています。後療法では再建靱帯に過度な負荷がかからないように注意して可動域改善と筋力増強練習を行い、再発予防が重要です。

腰椎分離症(腰の疲労骨折)

成長期(小学生~中学生)の頃に、スポーツの練習などで繰り返して腰をそらしたり・ひねることで起こります。一般の人では5%程度、スポーツ選手では30~40%の人が分離症になっています。症状はお尻や太ももに痛みが出現する場合があり、腰をそらせた時に痛みが強くなるのが特徴です。早期に発見できればコルセットで保存的に治すことが可能ですが、進行すると手術を必要とする場合があります。

FAI(femoroacetabular impingement):大腿骨寛骨臼インピンジメント

FAIは股関節の骨形成不全が多い女性に症状が出やすいとされています。骨形成不全により股関節周囲筋の柔軟性や筋力低下が生じやすく、股関節の間で組織を挟み込んで衝突(インピンジメント)します。インピンジメントを繰り返すことで炎症や組織損傷してしまい、運動時の股関節痛を呈します。一般的に深く曲げる・捻るなどで痛みが誘発されやすいです。
また、骨形成に問題がなくとも、過度な練習や不良フォームが原因のコンディショニング不足で股関節周囲筋や組織の柔軟性が低下します。これらのバランスが悪くなるとインピンジメントを引き起こします。重症化すると運動以外でも疼痛が生じてしまい、疼痛の長期化に繋がります。

内側側副靭帯損傷(MCL損傷)

膝の靱帯損傷のなかでは最も頻度が高く、膝が内に入る力が急激に加わり発症します。ラグビーなど互いに衝突し合うスポーツやスキーなどで受傷することが多いです。ほとんどの場合、前十字靭帯損傷を合併しており大量の関節血症を認めます。
単独損傷であれば外反不安定性は小さいので症状に応じて装具装着などによる保存療法を行います。4~6週間でスポーツ復帰が可能となり、予後は良好です。

半月板損傷

半月板は膝のクッションの役割があります。運動中に膝を捻った際に半月板の一部が脛骨(すねの骨)と大腿骨(太ももの骨)の間に挟まり損傷します。10、20歳代ではスポーツ外傷による前十字靱帯損傷に引き続いて生じることが多いです。
階段昇降やしゃがみ込み動作などの運動時に生じる痛みと、膝の引っかかり感(catching)が生じます。膝を伸ばしきったり、膝の捻り動作や正座が困難となります。

シンスプリント:脛骨過労性骨膜炎

陸上で行うスポーツ競技に発症率が高く、過度な練習(ジャンプやランニング動作)によって、下腿に付着する筋肉に炎症が生じます。重症化すれば疲労骨折まで生じるスポーツ障害です。基本的に下腿内側(ふくらはぎの内側)に痛みが生じます。初期は運動開始時のみですが、症状進行すると運動中や日常生活でも疼痛が持続的に出てきます。また、重症化するほど運動中止期間も長期化しやすく、再発率も高くなります。
下肢柔軟性や筋力低下によるフォーム不良、運動量や練習内容・時間、靴などが原因となるため、個人にあったインソールを作成することが大切です。

肉離れ(筋断裂・筋挫傷)

日常生活やスポーツ中、特にダッシュやランニング時に、急激に筋肉が伸ばされた際に受傷します。下半身の受傷が多く、大腿(太もも)前後や下腿後面(ふくらはぎ)に多いとされています。原因としては、柔軟性の低下や筋力の低下などが挙げられます。筋断裂(重度の肉離れ)では、強い痛みを伴い動作が困難になる場合もあります。軽度の肉離れでは、少しの違和感だけの場合もありますが、その状態で日常生活やスポーツを続けると悪化する可能性があります。そのため、肉離れをした際や違和感がある際には、早期に治療が必要となります。
当院では、エコーを用いて、肉離れの状態を評価し、リハビリを実施しております。適切な治療を行い、適切な時期に復帰することで、再受傷することが少ないため、痛みや違和感がある場合は早期に受診することをお勧めします。

オスグッド病(オスグッド・シュラッター病)

成長期(小学生~中学生)の男子に多い膝の過度な使用による成長期スポーツ障害の代表疾患です。ジャンプやダッシュなどの繰り返しの動作による膝蓋骨(お皿の骨)を引っ張る力が、脛骨(すねの骨)に加わります。症状は運動時の痛み・腫れ・熱感が生じます。安静時には痛みがない場合が多いです。痛みのため、競技能力の低下につながります。

腸脛靭帯炎(ランナーズニー)

ランニングや自転車など、膝の曲げ伸ばしをくり返すことによって、腸脛靭帯が膝の外側の骨の上を移動するため摩擦をくり返し、腸脛靭帯に局所的な炎症を起こして膝の外側に痛みが発生します。過度なトレーニングが原因で発症する場合と、急に長距離を走ったり、山登りをしたときに発症する場合があります。ある一定距離を走ると痛みを生じることや、下り坂を走る時に痛みを増すのが特徴です。

足関節捻挫

捻挫とは、関節にかかる外力により関節を支持している靭帯や関節包が損傷することです。スポーツや歩行時でも段差などで生じることがあります。足首の捻挫は、多くは内側に捻っておこります。そのため足首の外側にある靭帯(前距腓靱帯)が損傷されることが最も多く、外くるぶし(外果)周囲に痛みや腫れが出現します。受傷後に体重をかけられない、腫れが強い、皮下出血を伴う場合は注意が必要です。
当院ではインソールを用意しており各症状、足の形状に合わせて選定し提供しています。

足底腱膜炎

長時間の立位や歩行、ランニングなど足の裏(足底)に負担の加わる動作を過剰に繰り返しことでかかとの内側前方から中央にかけて痛みが出現します。足底腱膜は足部のアーチを保持し、荷重時に衝撃を吸収する役目があります。そのためランニングやジャンプ動作などで刺激が足部にかかる場合、足底腱膜は繰り返しの牽引刺激によって腱の炎症が発生しやすくなります。かかとの内側前方から中央にかけて痛みが生じます。
当院ではインソールを用意しており各症状、足の形状に合わせて選定し提供しています。

アキレス腱炎

アキレス腱炎はランナーに多くみられます。走るときの足を蹴り出す動作に関与しています。走ることによる負荷が繰り返しかかり、十分な回復期間をとらないと、アキレス腱の炎症が起こることがあります。起床時の一歩目や歩行時・爪先立ち、運動時にアキレス腱や周囲の痛みが出現します。またアキレス腱を指で押した時の痛み、アキレス腱周囲の腫れ、熱感が出現します。アキレス腱炎の原因はアキレス腱自体ではなく下腿の筋(ふくらはぎ)の硬さ、足に合わない靴の使用なども関係しています。
当院ではインソールを用意しており各症状、足の形状に合わせて選定し提供しています。

pagetop